基礎体温測定で、あなたの美と健康をサポートする楽天キレイドナビ

お客様がご使用のブラウザは当ページのスタイルシートに対応しておりません。 そのため一般的なブラウザとページのデザインが異なって表示されますが、掲載している情報やページの機能は通常どおりご利用いただけます。

楽天グループ関連
補助メニュー

生理痛・PMS

生理痛があるのはあたりまえ、病気ではないから、なんて思っていませんか?生理痛を引き起こす病気もあるのです

月経前症候群(PMS)

生理前のイライラ、腹痛などの心身の不調

生理が始まる前から、腹痛、カラダの不調やイライラなどの心身の不調を感じることがあります。これは、排卵後にプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が急激に増え、また生理前に減っていくホルモンバランスの著しい変化に自律神経が乱れることで起こります。これは、生理周期を把握し、時期的な症状だと理解して食事や生活習慣などを気をつけることで、ある程度対処することが可能です。

キレイドナビでは、生理前の時期に食べた方が良い食材、体調を整える軽いエクササイズなどをお知らせして快適な生理のアドバイスをします。

基礎体温の変動と生理日の関係

生理痛と婦人病

月経困難症(生理痛がひどい場合)

病気が原因でないもの、病気が原因のものがあります

生理中に腹痛、腰痛、吐き気や倦怠感、下痢などの症状で日常生活に影響するような症状を「月経困難症(げっけいこんなんしょう)」と言います。

機能性月経困難症(病気が原因でないもの)

ホルモンバランスやストレスなどが原因で他の臓器や血管を収縮される働きによって腹痛や吐き気が起こります。

器質性月経困難症(病気が原因のもの)

子宮内膜症や子宮筋腫などが原因で起こる症状のことです。以下に説明します。

子宮内膜症

生理痛がひどくなったり、経血の量が増えたりします

本来ならば子宮の内部で卵子を着床しやすくするための子宮内膜ですが、これと同じ組織が子宮外の場所で増殖し、生理のときに子宮内膜と同じように出血を起こします。子宮内と違い、血液の出口が無いので、他の臓器に癒着して痛みを引き起こします。また、痛みの部位も増殖した場所によってさまざまです。

子宮筋腫

成人女性の4人に1人が発症するといわれています

子宮の壁にできる良性の腫瘍です。筋腫が小さいうちは自覚症状が無い場合もあります。また、筋腫も子宮の外側の壁にできる場合と、内側の壁にできる場合があり、部位や大きさによって症状も変わりますが、経血量が多くなったり、生理痛がひどくなったりします。
定期的な検診で早めに発見し、対処することが大切です。

生理痛の痛みが強い、吐き気やその他の症状がつらい場合、何らかの疾患がある可能性もあります。我慢しないで一度婦人科の受診をしてみましょう。

基礎体温グラフを持って婦人科へ

過去2、3ヶ月分の基礎体温グラフを婦人科へ持っていくと、診察・診療の際に大変役立ちます。普段から基礎体温を記録することで、カラダの異常に気づきやすくなります。カラダのために、基礎体温の記録を始めましょう。