基礎体温測定で、あなたの美と健康をサポートする楽天キレイドナビ

お客様がご使用のブラウザは当ページのスタイルシートに対応しておりません。 そのため一般的なブラウザとページのデザインが異なって表示されますが、掲載している情報やページの機能は通常どおりご利用いただけます。

楽天グループ関連
補助メニュー

妊娠と年齢を基礎体温から考える

妊娠の適齢期とは。結局いつまで産めますか?

年齢と共に卵子が老化している?

女性の卵子は、いつカラダの中にできるのでしょうか。実は卵子の元は胎児の時に作られて、生まれた後はその卵子を成熟させて消費していくだけ。生まれてから新しい卵子を作ることは無いので、卵子の年齢は実年齢プラス1歳ということになります。

老化したから妊娠できないというわけではない

一般的には、妊娠に適した年齢というのは、35歳くらいまで、と言われていますが、35歳を過ぎると一気に老化が進むわけではありません。老化というのは徐々に進行していきます。また、実際に40歳で普通に妊娠、出産する人もいます。結局は、老いそのものに個人差があるように、妊娠、出産の限界も個人差があるのです。

ただし、高齢になると妊娠の確率が下がっていくのは事実。安易に自分は大丈夫だと過信すると、妊娠のチャンスを逃すこともあります。高齢出産にはさまざまなリスクも伴うことも忘れてはいけません。

妊娠できる状態かどうかを知る手段のひとつとして基礎体温があります。排卵しているか、ホルモンバランスに問題が無いかがグラフから類推できるからです。もちろん、病院の検査でホルモンの値を調べる、卵子の状態を調べるなどいろいろな方法がありますが、まず自分でできるカラダの状態を知る方法として、基礎体温はとても役立つものなのです。

基礎体温をもっと知る