基礎体温測定で、あなたの美と健康をサポートする楽天キレイドナビ

お客様がご使用のブラウザは当ページのスタイルシートに対応しておりません。 そのため一般的なブラウザとページのデザインが異なって表示されますが、掲載している情報やページの機能は通常どおりご利用いただけます。

楽天グループ関連
補助メニュー

基礎体温タイプ6つの特徴

「吉村6分類」による6つに大別される体温タイプから自分の基礎体温タイプを判定します。

キレイ2層タイプ 高温期じわじわタイプ

【グラフの特徴】
高温期が12~14日
低温から高温へ1、2日以内に移行する

【グラフの特徴】
低温期から高温期に移行するまでに数日がかかる

【タイプの特徴】
低温期と高温期がはっきりと分かれているこのタイプは、健康的なホルモンバランスといえます

【タイプの特徴】
一般的に、低温期から高温期への移行は1、2日で終わりますが、このタイプは高温期への移行に時間がかかります  排卵期がいつかわかりにくいですが、大きな心配はないでしょう

高温期ギザギザタイプ 低温期長めタイプ

【グラフの特徴】
高温期の体温が安定せず、体温が低くなる日がある

【グラフの特徴】
低温期が25日以上続く
高温期が12~14日

【タイプの特徴】
高温期が安定せずに途中で体温が下がる傾向があるこのタイプは、黄体ホルモン分泌など、黄体機能に何らか不安材料がある可能性も考えられます

【タイプの特徴】
理想的な低体温期は14日前後といわれています  高温期に移行するまでの低温期が25日以上のこのタイプは、卵胞の発育に時間がかかっています

高温期短めタイプ 高温期不明タイプ

【グラフの特徴】
高温期が9日以下

【グラフの特徴】
体温グラフが高温期・低温期に分かれていない

【タイプの特徴】
一般的に、高温期は12~14日位が理想といわれています  高温期が9日以下で終わってしまうこのタイプは、黄体機能の何らかの支障で、高温期を維持できなくなっている可能性も考えられます

【タイプの特徴】
体温は高温期・低温期に分かれるのが健康な状態ですが、 このタイプは二層に分かれず体温が安定しておらず、排卵していないことも考えられます  体調や生理に乱れがあれば、ホルモンバランスに原因がある可能性も考えられます

【吉村6分類による体温タイプ判定】
「楽天キレイドナビ」の「体温タイプ判定」機能では1生理周期の基礎体温計測の結果から基礎体温グラフの特徴を分析し、 キレイドナビ監修者 吉村泰典(慶應義塾大学名誉教授)の「吉村6分類」に基づき、6つに大別される体温タイプから自分の体温タイプを判定します。

女性のホルモンバランスの実態についての分析結果