基礎体温測定で、あなたの美と健康をサポートする楽天キレイドナビ

お客様がご使用のブラウザは当ページのスタイルシートに対応しておりません。 そのため一般的なブラウザとページのデザインが異なって表示されますが、掲載している情報やページの機能は通常どおりご利用いただけます。

楽天グループ関連
補助メニュー

ホルモンバランスの乱れで太る?

女性ホルモンはダイエットにも関係しています。美人ホルモンと呼ばれるエストロゲンと、脂肪の意外な関係とは。

ホルモンバランスが乱れると

代表的な女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンは、ダイエットにも密接な関わりがあります。このホルモンバランスが乱れると、どのようなことが起こるのでしょうか。

エストロゲンのはたらき

  • 満腹中枢を刺激し、食欲を抑える
  • 脂肪代謝(脂肪を消費する働き)を良くし、内臓脂肪を減少させる※
    (※ただし、増えすぎると増殖させる働きがある)

プロゲステロンのはたらき

  • 妊娠に備えて水分や脂肪をためこむ
  • イライラして情緒不安定になりやすくなる

このような働きがある女性ホルモンの分泌が乱れると

  • 満腹感がなく、食欲がとまらない
  • 代謝が落ちて水分や脂肪をためこみやい
  • イライラして暴食をしてしまう

などの状態が起こりやすくなります。

基礎体温と女性ホルモン

エストロゲンが多ければいいの?

女性らしい体をつくり、髪や肌も美しくする作用のあるエストロゲン。脂肪の代謝も良くする働きがあります。
では、エストロゲンが多いとキレイでいられるのでしょうか。

実は、エストロゲンには細胞を増殖させる働きがあり、ガンや腫瘍などのリスクを高めます。

過剰なエストロゲンは脂肪細胞も増殖します。そして脂肪にはエストロゲンを増やす働きがあるので、さらにエストロゲンも脂肪も増えていくのです。

また、更年期に入ると卵巣機能が弱まり、エストロゲンもプロゲステロンも減少します。閉経すると一層プロゲステロンは減少します。このとき、プロゲステロンよりエストロゲンが多い状態になりますが、このプロゲステロンに比べてエストロゲン多すぎる状態は老化を早めるとも言われているのです。

つまり、エストロゲンが多い = キレイ ではないということ。

エストロゲンとプロゲステロンの両方が一定のリズムでバランス良く分泌されていることが、なによりも大切なのです。