基礎体温測定で、あなたの美と健康をサポートする楽天キレイドナビ

お客様がご使用のブラウザは当ページのスタイルシートに対応しておりません。 そのため一般的なブラウザとページのデザインが異なって表示されますが、掲載している情報やページの機能は通常どおりご利用いただけます。

楽天グループ関連
補助メニュー

女性のホルモンバランスの実態についての分析結果

- 新機能「体温タイプ判定」「ホルモンバランスチェック」に基づく分析 -

今回の分析について

「楽天キレイドナビ」の新機能「体温タイプ判定」(1生理周期の基礎体温計測の結果から基礎体温グラフの特徴を分析し、 キレイドナビ監修者 吉村泰典(慶應義塾大学名誉教授)の「吉村6分類」に基づき、6つに大別される体温タイプから、自分の体温タイプを判定する)および 「ホルモンバランスチェック」(連続した3生理周期分の体温タイプ判定結果からホルモンバランス状態を分析する)を用い、 2013年3月12日から2014年3月12日の間、一定期間以上体温データを入力したキレイドナビ会員からランダムに抽出された25歳~44歳 の1,000人(各5歳刻み250人)のデータをもとに行ったものです。 なお、分析には、個人が特定されない状態に加工したデータを使用しています。

6つの体温タイプの特徴→

理想の『キレイ2層タイプ』は、全体のわずか3人にひとり

全体の体温タイプ別の分布を調べたところ、ホルモンバランスが整った理想的な状態である「キレイ2層タイプ」の女性は、全体のわずか3分の1であった。 また、最も多かったのは、高温期の体温が安定せず、体温が低くなる日がある「高温期ギザギザタイプ」で、全体の約40%であることが分かった。 「高温期ギザギザタイプ」の人は、黄体ホルモンの分泌が安定しないため、妊娠しにくい傾向がある。

年代別6種の体温タイプ 25~29歳女性の約1割が「高温期不明タイプ」

年代別で体温タイプを調査した結果、25~29歳の女性の約1割が、 ホルモン分泌そのものが不安定であり、排卵していない可能性も考えられる「高温期不明タイプ」であることが分かった。 無理なダイエットや、ストレスの多い仕事等、女性ホルモンが安定して分泌しにくい生活環境が原因とも考えられる。

年齢が若いほどホルモンバランスが乱れている

年代別でホルモンバランスの信号を調査した結果、 要注意状態であることを示す赤信号が最も多いのは、25歳~29歳であることが分かった。 この年代の赤信号率は28%と、平均より10%も高かった。

【調査概要】
調査エリア  :全国
調査対象者  :25歳~44歳の女性
対象者数   :新機能「ホルモンバランスチェック」を使用した1,000人(各年齢250人)
調査期間   :2013年3月12日から2014年3月12日
調査実施機関 :楽天キレイドナビ